フリープラン
日程を都合に合わせて選び、お一人やグループ、家族で充実した登山ができます。
コースの変更や時間の変更など、自由に変えることができます。
盛岡市近郊の方は自宅付近まで送迎します。県外の方は、指定の駐車場へ送迎ます。

岩手山(2,038.2m)馬返しコース 登山
岩手山

南部片富士とも呼ばれる岩手県最高峰は雲上の世界

 岩手山はみちのくを代表する秀峰で、南部片富士、南部富士、岩手富士、岩鷲山といった別称でも親しまれている。
 たび重なる火山活動で形成された山体は、西岩手火山に、比較的新しい時代の東岩手火山が覆いかぶさった複合火山である。
 火口は二重、三重と複雑で、西側の大地獄のカルデラ地形は、火山を知る生きた教材でもある。
 アオモリトドマツやダケカンバに囲まれた御苗代湖、御釜湖、八ツ目湿原は火口の跡で、そこに立つと樹海の底に下りたような気がする。
 西に黒倉山、南に鬼ヶ城コース、北に屏風尾根が立ち塞がる。東には東岩手火山が盛り上がり、岩手山の最高点・薬師岳がお鉢の北に高まっている。
 お鉢からは、地熱のこもる中央火口丘の妙高岳、岩手山神社奥宮、火口跡などが見られる。
 また北東の山腹には、国の特別天然記念物の「焼走り熔岩流」。享保4年(1719)年の爆発の激しさを今に伝える大自然の遺産だ。
 山頂付近の火山砂礫にはコマクサが咲き、東面の山腹に広がる群生地は必見だ。柳沢・御神坂・網張・松川・七滝・焼走りと、6つののコースが山頂へ向かっている。


■コース概要
 登山口は馬返し駐車場の上にあり、林をしばらく登るとブナやミズナラに囲まれた1合目に着く。石柱の道標があり、右・盛岡道、左・一本木道と記され、古くからの参詣道であることがうかがえる。
 林を抜けると2合目で、四角張った岩には豆腐岩の愛称がつけられている。2.5合目で旧道と新道の分岐と出合う。旧道は展望の良いく歩いて楽しい。
 3合目を過ぎると展望が良くなり、姫神山や早池峰山も見え始め、高山植物の多い岩場のコースが5合目まで続く。
 灌木帯からザクザクの斜面を登り、6合目の大蔵岩へ着く。新道と出合う7合目からは平らで、鬼又沢の最上部を左下に見て進むと、ハイマツ帯に立つ8合目避難小屋に着く。ここには水場があり、目の前には山頂部が広がって見える。
 不動平までは緩やかなハイマツの道で、砂礫を踏みながらお鉢を目指す。眺めはいいが、風を遮るものはない。お鉢にはコマクサが咲き、石仏が並ぶ。その内側に妙高岳、岩手山神社奥宮がある。
 標高2,038.2mの山頂は、お鉢の北の薬師岳で岩手の最高点だ。岩木山、八甲田山、八幡平、秋田駒ヶ岳、和賀岳、焼石岳、早池峰山と見渡す限りの360度のパノラマだ。


募集期間/6月1日〜10月31日 期間内自由に選択
コ ー ス/馬返し登山口〜1合目〜5合目〜8合目避難小屋〜不動平
      岩手山 往復

登山形態/単独・グループ登山・家族登山 ≪日帰り登山≫
定  員/1名〜4名(1名様でも山行します)
登山費用/1名の場合   1名:18,000円(交通費別)
      2名以上の場合 1名:14,000円(交通費別)
      交通費:1,500円(参加人数割り)
歩行時間/登り:5時間程(休憩時間は含まず)
      下り:4時間程(休憩時間は含まず)
食  事/各自持参ください。
装  備/登山に適した服装、防風着、雨具、水筒、懐中電灯
      入浴用着替え
受 付 日/登山希望日の20日前まで。
      カレンダーで日程を確認してください。
集合場所/盛岡市近郊であれば、ご自宅付近まで送迎します。
      市外・県外の方は、駐車場を指定して下さい。
      関東方面からのお客様は、盛岡市内に宿泊するのが便利で
      す。送迎・宿泊などご相談下さい。

出発時間/盛岡付近5時頃
申込み資格/歩行時間が9時間程を歩ける方。
保  険/掛捨てのトレッキング保険に加入ください。別途500円
申込み先/インターネット メール
      電話 080-5554−4417
      FAX  019-618-2945
      封書 028-3601 岩手県紫波郡矢巾町高田11-2-3
         小田中 智
予約確定/ご入金後に、登山確定となります。
      2回目以降の方は、登山時に直接持参でも構いません。


※御神坂・網張・松川・七滝コースや宿泊しての裏岩手縦走を歩きたい
 方は、お問い合せ下さい。
四合目からは岩稜の登りとなる
4合目からは岩稜の登りとなる
登山道に咲くミヤマキンバイ
登山道に咲くミヤマキンバイ
8合目から見る頂上外輪
8合目から見る頂上外輪
8合目避難小屋
8合目避難小屋
お鉢から頂上へ
お鉢から頂上へ
お鉢から頂上へ
お鉢から頂上へ
コマクサ
コマクサ

↑ページの先頭に戻る