春山中級 日帰りプラン
山は四季折々それぞれに美しいですが、春山は残雪があるためどこでも歩け、
天候も安定してきて残雪が輝き、冒険ができて楽しい時期です。
春とはいえ、雪山は色々な危険が伴います。安全を第一に無理のない行程でご案内します。
盛岡市近郊の方はご自宅付近まで送迎しますので、待ち合わせ場所までの移動は必要ありません。
遠方からのお客様は、駅や高速道インター出口、指定の駐車場まで送迎します。

県外からの方は、宿泊をしながら2山・3山との組み合わせもできますので、ご相談下さい。

岩手山(2,038.2m)焼走り 春山日帰り登山
岩手山

焼走りから望む岩手山は富士山にそっくり。
まっすぐに山頂を目指して、雪の大斜面を登る!

 
 盛岡市の北西にそびえ、南部片富士の愛称でも呼ばれる岩手山、コニーデ型火山を重ねた旧火山で岩手県の最高峰である。
 焼走りは、噴火によって吹き出した熔岩が、山肌を流れるままに冷えて固まってできたものが焼走り熔岩流で、長さは約2.8km、最大幅約1.0kmあり特別天然記念物に指定されている。
 駐車場から溶岩流に上がり、頂上まで続いている雪の斜面を登って行く。4月中旬までは下部も雪があるので夏道をたどるより眺めが良い。
 ダケカンバの樹林帯に入ると登りの斜度は増し、第一噴出口は近い。噴出口は展望が良く、溶岩流の裾野を一望できる。
 ここからのルートは、通称ツルハシから平笠不動避難小屋を経て頂上に登る夏道と、斜面を真っ直ぐ登り上部で岩稜帯に出て頂上へと登るダイレクトルートがある。ダイレクトルートは、富士山の吉田大沢を登る雰囲気に似ている。私はダイレクトに登るルートをお勧めする。
 噴出口から真っ直ぐ頂上部を目指して登って行くと、上部で岩稜帯に出て、更に真っ直ぐ登って行くと外輪に出て、右に登って行くと頂上に着く。360度の展望は、岩手県の山々を見通せ、運が良ければ鳥海山が見える。
 登って来た所の下り出しは急な部分があり注意が必要で、雪の斜面も部分的に凍っている所もあるので、屏風尾根の上部にある平笠不動避難小屋に下り、ツルハシを経て斜面をトラバースしながら下る。
 第一噴出口まで下ると安心で緊張感もとけ、あとはのんびりと風景を楽しみながら下山できる。


募集期間/4月1日〜5月31日 都合の良い日を選んでください。
コ ー ス/焼走り〜第一噴出口〜ダイレクトルート〜岩手山〜平笠不
      動避難小屋〜第一噴出口〜焼走り
登山形態/単独・グループ登山・家族登山 ≪日帰り登山≫
定  員/1名〜4名(1名様でも山行します)
登山費用/1名の場合   1名:13,000円(交通費別)
      2名以上の場合 1名:10,000円(交通費別)
      交通費:2,000円(参加人数割り)
歩行時間/登り:6時間程(休憩時間は含まず)
      下り:4時間程(休憩時間は含まず)
 雪のある時期は状態によって時間が変わります。時間は目安です。

食  事/各自持参ください。
装  備/冬用登山服装、冬用防寒着、登山靴、ストック、ワカン
      ピッケル、アイゼン、入浴用着替え
受 付 日/登山希望日の10日前まで。
      カレンダーで日程を確認してください。
集合場所/盛岡市近郊であれば、ご自宅付近まで送迎します。
      市外・県外の方は、駐車場を指定して下さい。
出発時間/自宅付近4時頃
申込み資格/
歩行時間が10時間程を歩ける方。
保  険/
傷害保険に加入していない方は、別途500円の掛捨ての
      トレッキング保険に加入していただきます。
申込み先/インターネット メール
      電話 080-5554−4417
      FAX  019-618-2945
      封書 028-3601 岩手県紫波郡矢巾町高田11-2-3
         小田中 智
予約確定/ご入金後に、登山確定となります。
      2回目以降の方は、登山時に直接持参でも構いません。
焼走りから見るご来光
焼走りから見るご来光
焼走りから見る岩手山
焼走りから見る岩手山
第一噴出口からの焼走り
第一噴出口からの焼走り
噴出口から上の雪の斜面
噴出口から上の雪の斜面
上部の雪の斜面
上部の雪の斜面
岩手山山頂
岩手山山頂

↑ページの先頭に戻る