登山教室
日本百名山、花の百名山で有名ですが、花も紅葉も景色も素晴らしいです!
四季折々の景観をのんびり楽しみましょう。

早池峰山(1,913.6m)河原ノ坊〜小田越下山
早池峰山

 早池峰山は、2,000mに迫る高さで北上山地の最高峰である。
 主峰から西に中岳、鶏頭山、毛無森への稜線が続く。東には剣ヶ峰、高桧山へと続く。北側は稜線近くまで樹林帯に覆われているが、南側は対照的に、急峻な岩稜帯がアルペンムードの漂う景観を形作っている。
 山は非火山性で、地質は古生層に属し、蛇紋岩のゴツゴツした岩肌や多くの岩峰が印象的だ。
 アイヌ語の「パヤチカ」が転じたと言う説。疾風=「ハヤチ」の吹く山なので早池峰。あるいは山頂の池水の湧いたり涸れたりが速いことから「早池の峰」と呼ばれたことなど、山名の由来は所説がある。
 また、古くから修験の山、信仰の山として人々から崇められてきた。
 数々の高山植物の存在により、全国的な知名度は高い。ナンブトラノオを始め、アルプスのエーデルワイスに似たハヤチネウスユキソウなど、この山には特産種、希種が見られ、これらの花々に誘われるように多くの登山者が訪れる。
 高山植物帯は特別天然記念物に指定されており、後世に大切に守り伝えたい、かけがえのない財産である。
 麓にある岳の集落には早池峰神楽が伝承されており、国の重要無形民俗文化財に指定され、地元の方々の熱意が地域の伝統文化の灯を守り続けている。

■コース概要
 オオシラビソにダケカンバ類の混じる樹林帯の中を登る。30分ほどで森林限界を抜け視界が開けて御門口と呼ばれる一合目に着く。
 ここから蛇紋岩の岩礫ハイマツの混じる高山植物帯になり、ハヤチネウスユキソウが見られるようになる。
 登山道は滑りやすい蛇紋岩の上を縫うようにつけられており、高山植物の保護のため道の両側にロープが張られている。
 岩の急斜面の登山道にハヤチネウスユキソウやナンブトラノオ、ナンブトウウチソウなどの固有種が咲く。
 傾斜がゆるくなり後ろを振り返ると薬師岳が端整な三角形の姿を見せている。再び急斜面となり梯子場を過ぎると間もなく稜線に出る。
 お田植場と呼ばれる小湿地の木道を通り、コバイケイソウなどのお花畑の中で門馬コースと合流すると山頂に建つ避難小屋が見えてくる。
 山頂は岩だらけで意外に広く、早池峰神社奥宮と避難小屋がある。
 展望は360度で、県内の山々から、隣県の名峰まで全て遠望できる。北上高地の山並みの果てに、太平洋を望むこともできる。

 

募集期間/2019年
  6月25日(火)
  7月2日(火)

  8月2日(金)、13日(水)、19日(月)
  9月4日(水)、19日(木)
  10月4日(金)、17日(木)、22日(火)、31日
(木)

コ ー ス/小田越〜五合目御金蔵〜御田植場〜早池峰山 往復
登山形態/募集登山≪日帰り登山≫
定  員/1名〜4名(1名様でも催行します)
登山費用/1名の場合   1名:15,000円(交通費別)
      2名以上の場合 1名:11,000円(交通費別)
      交通費:2,000円(参加人数割り)
歩行時間/登り:4時間程、下り:3時間程(休憩時間は含まず)
装  備/登山に適した服装、ストック、防風着、雨具、水筒、手袋
      懐中電灯、入浴用着替え 他
受 付 日/募集日の20日前まで。
集合場所/盛岡市近郊であれば、ご自宅付近まで送迎します。
      市外・県外の方は、駐車場を指定して下さい。
      関東方面からのお客様は、川井村のタイマグラに宿泊する
      のがおもしろいです。送迎・宿泊などご相談下さい。

出発時間/自宅付近6時頃
申込み資格/歩行時間が7時間程を歩ける方。
保  険/掛捨てのトレッキング保険に加入ください。別途500円
申込み先/インターネット メール
      電話 080-5554−4417
      封書 028-3601 岩手県紫波郡矢巾町高田11-2-3
      小田中 智
予約確定/ご入金後に、登山確定となります。
      2回目以降の方は、登山時に直接持参でも構いません。 
河原ノ坊登山口
河原ノ坊登山口
頭垢離の上部
頭垢離の上部
千丈ヶ岩
千丈ヶ岩
打石
打石
早池峰山頂
鉄バシゴ
鉄バシゴ
岩峰を振り返る
岩峰を振り返る
頂上部からの下り
頂上部からの下り

↑ページの先頭に戻る